現在のページ

  1. ホーム
  2. 各種手当と支援制度
  3. 医療福祉制度(マル福制度)

各種手当と支援制度

医療福祉費支給制度(通称マル福)とは

健康保険証を使って医療機関等にかかられた際の,医療費の一部を助成する制度です。
※定期健診,予防接種,差額ベッド代,入院時の食事代,おむつ代など,保険外のものについては対象になりません。

対象となる方

潮来市に住所があり,各種の健康保険に加入している方のうち,次の1~4のいずれかに該当する方です。
※小児マル福以外は所得制限があります。

1.小児(所得制限なし)

0歳から中学校3年生まで(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)

年齢区分県 所得制限内県 所得制限超
0歳~小6 ピンク色の受給者証(外来・入院) 薄紫色の受給者証(外来・入院)
中1~中3 ピンク色の受給者証(入院のみ)
薄紫色の受給者証(外来のみ)

※ は、健やかマル福 潮来市独自の制度です。

市では,県の所得制限を超えた方に対しても,市独自で所得制限を撤廃し,医療費助成を行っております。

2.ひとり親家庭

  • ひとり親家庭の18歳未満(18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の子とその親
  • ひとり親家庭の20歳未満(20歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の障がい児とその親
  • ひとり親家庭の20歳未満(同上)の高校在学者(定時制高校含む)とその親
  • 父母のいない子
  • 父母のいない子を養育している配偶者のない方
  • 配偶者が重度心身障害者マル福を受給している方と,その子

3.重度心身障害者等

  • 身体障害者手帳1級または2級
  • 身体障害者手帳3級の内部障害 (心臓,腎臓,呼吸器,ぼうこう,直腸,小腸,ヒト免疫不全ウイルス,肝臓機能障害)
  • 身体障害者手帳3級かつ療育手帳B(中度)
  • 療育手帳 A( 最重度)またはA(重度)
  • 特別児童扶養手当1級の支給対象児童
  • 障害年金1級の受給者

4.妊産婦

  • 母子手帳の交付を受けた妊産婦
    (母子手帳交付の月の初日から出産日(流産・死産を含む)の翌月末日まで)

◆水色の受給者証 ・・・・原則産婦人科受診用
※「妊娠の継続と安全な出産のために治療が必要」と産婦人科医が判断し,紹介状等がある場合は,産婦人科以外の治療も助成対象となります。

自己負担について

茨城県内の医療機関等で受診する場合

マル福受給者証を窓口に必ず提示してください。

外来:医療機関ごとに1日600円 月2回(1,200円)までの自己負担
入院:医療機関ごとに1日300円 月3,000円までの自己負担
薬局:自己負担なし
※重度心身障害者等の方は,自己負担はありません。

茨城県外の医療機関等で受診する場合

マル福受給者証は使用できません。

  1. 窓口で全額支払をします。
  2. 領収書を月ごとにまとめて市民課国保年金Gへ提出してください。
  3. 上記自己負担分を差し引いて(重度心身障害者等の方は除く),後日振込でお支払いします。

申請に必要なもの

マル福を申請する種類によって提出書類が異なりますので,詳細については担当課までお問い合わせください。

問い合わせ先

潮来市役所 市民課 電話番号0299-63-1111

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは潮来市役所 子育て支援課です。

〒311-2493 潮来市辻626

電話番号:0299-63-1111(代) ファックス番号:0299-80-1410

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

潮来市子育て応援いたここ-itaCoCo-ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る