現在のページ

  1. ホーム
  2. 妊娠から出産
  3. 妊娠から出産

妊娠から出産

妊娠の届出

妊娠届

妊娠がわかったら母子健康手帳の交付申請(妊娠届出)が必要になります。
(8週頃までに)医療機関等へ受診の上、届出してください。

【受付場所】
潮来市かすみ保健福祉センター 市役所市民課

母子健康手帳

【妊娠届出交付時にお渡しするもの】

  • 母子健康手帳別冊
  • 妊娠健康診査受診票
  • 乳児一般健康診査受診票
  • 出生連絡票(*低体重児出生届)
  • 妊婦歯科健康診査受診券
    *連絡票は出生届出時に提出してください。
    *生まれたときの体重が2500g未満のときは 必ず連絡してください。

マタニティーセミナー

かすみ保健福祉センターでは、妊娠中の方やご家族を対象にマタニティーセミナーを開催しています。
妊娠届を提出した方に、ご案内のハガキを送っています。予約は不要です。

【お問い合わせ先】
潮来市かすみ保健福祉センター(潮来市島須777) 電話番号:0299-64-5240

出生届

届出時期 生まれた日から14日以内に届出してください。
届出義務者 原則として子の父または母
持ってくるもの 出生届・母子健康手帳・印鑑

名前は常用漢字・人名用漢字の範囲内でつけてください。使用できる文字には制限がありますので、ご注意ください。

【お問い合わせ先】
潮来市役所 市民課 電話番号:0299-63-1111

出産費について

◎出産育児一時金の支給額

  • 支給額は、原則420,000円
    妊娠12週(85日)以降であれば死産・流産でも支給されます。
  • 「産科医療補償制度」に該当しない場合の支給額
    平成26年12月31日までの出産(分娩)の場合 390,000円
    平成27年1月1日からの出産(分娩)の場合 404,000円

※「産科医療補償制度」とは、出産時に予知せぬ事態が発生した結果、重度の障害(脳性麻痺)を負ってしまった 新生児やその家族に対して、一定の補償をする制度(運営:公益財団法人 日本医療機能評価機構)。

◎医療機関直接払制度について

出産育児一時金は、潮来市国保から病院等に直接支払われます。
なお、出産費用が支給額を超える場合は、超えた分を病院にお支払いください。
出産費用が支給額(原則42万円)未満の場合は、その差額分を潮来市市民課へ請求してください。

  • 申請に必要なもの
    〇病院などの領収・明細書(写し) 〇直接支払い同意書(写し) 〇国民健康保険証 〇印鑑 〇口座のわかるもの

【お問い合わせ先】
※ご加入の医療保険者の窓口
■国民健康保険の方は、市役所市民課 電話番号:0299-63-1111
■社会保険の方は、お勤め先でお問い合わせください。

産科・婦人科一覧

葉山産婦人科 鹿嶋市宮中1995-25 0299-83-1515
小山記念病院 鹿嶋市厨5-1-2 0299-85-1111
白十字総合病院 神栖市賀2148 0299-92-3311
つばさクリニック 行方市島並1511 0299-72-2830

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは潮来市役所 子育て支援課です。

〒311-2493 潮来市辻626

電話番号:0299-63-1111(代) ファックス番号:0299-80-1410

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

潮来市子育て応援いたここ-itaCoCo-ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る